薬がないと不安で仕方がない

ある日、「先生、助けてください。頭痛が治らなくて。1年以上前から月に2回くらい頭痛が出てしまい、病院で処方された頭痛薬と胃が荒れないように胃薬を飲んで何とかしのいでいます。薬を飲むと症状は半減しますが、すっきり治るわけではありませんし、痛みは2日間ほど続きます。このつらい痛みと一生つき合わなければならないのかと思うと、気持ちが塞いでしまって」と女性が訴えてきました。私が治療する人には、こうした薬に頼っている人が本当に多いのです。

問診してみると、「頭痛のときは後頭部が重苦しい感じになり、目の奥が痛くて、ひどいときは横になって安静にしている」といいます。35歳の彼女は、1年前までは歯科医師として勤務していましたが、現在は大学院で修士号の取得を目指して研究に没頭する毎日です。顕微鏡やパソコンを使った作業を1日13時間ほどしていて、睡眠時間が2時間しか取れないことが週に3回もあるそうです。そんな中で、たびたび頭痛が起こり、研究が滞ってしまうというもどかしさと不安で胸が苦しくなり、吐いてしまうこともあると聞きました。彼女の姿からは、寝不足による疲労がかなり蓄積していると感じられました。

このケースは睡眠時間が短いために、頭の重みを支えている筋肉が疲弊してしまい、頭痛が発生したと考えられます。そこで、痛みが出ている顔面部と後頭部の筋肉をほぐす施術をしたところ、わずか30分で痛みが消失しました。彼女は会計窓口で、「先生の手はすごい。ゴッドハンドです!」といって帰ったそうです。

その後は週に1回施術して筋肉の過緊張状態をゆるめました。その結果、1ヵ月後には少し無理をしても、頭痛が出ない状態になりました。

治療以前は頭痛薬がないと不安でどうしようもなかった彼女ですが、今では薬ときっぱり縁が切れ、研究に没頭できているそうです。

薬はあくまでも痛みをブロックするもの

慢性頭痛を抱えた人の中には、市販の頭痛薬を服用している人がたくさんいます。これは解熱鎮痛剤と呼ばれるもので、「頭痛、生理痛、発熱時の痛みに効果的」とうたわれ、つらい症状を緩和してくれます。実際に、痛みの発生と薬が痛みを抑えるメカニズムについて、簡単に説明しておきましょう。

私たちの体は炎症を起こすと血液中にさまざまな発痛物質が増えます。たとえば、ヒスタミンもその一つであり、痛みやかゆみの原因ともいわれています。一方、神経には痛みを感じるレセプターと呼ばれるヒスタミンの受容体があります。そのレセプターにヒスタミンが届くと「痛いですよ」と脳に知らせます。頭痛薬はヒスタミンがレセプターに到達しないように先回りして、レセプターに蓋をするのです。よくテレビのコマーシャルなどで、「先回りして痛みをブロックする」といった表現が流れていますので、ご存じの人も多いのではないでしょうか。

これによって神経は痛みを感じることがありません。薬によってはヒスタミンそのものが増えるのを抑えるものもあります。

治療薬と予防薬の違いとは

一般に内科や頭痛外来のお医者さんが処方する頭痛薬には、頭痛治療薬と頭痛予防薬があります。頭痛治療薬は、今起きている頭痛に対処する薬です。ロキソニンやボルタレンをはじめ、鎮痛剤と呼ばれるものが多数ありますが、それらは痛みを感じるメカニズムを遮断することを目的につくられています。痛みを感じなくさせる痛み止めです。

一方の頭痛予防薬は、頭痛が起きないようにする薬です。あらかじめ、頭痛が出ていないときでも服用するもので、ここが治療薬と大きく異なります。予防薬を処方する目的は、痛みが出るメカニズムそのものを働かせないことです。

また、市販の頭痛薬も痛み止めですが、処方薬に比べて作用がおだやかです。

最大の問題点は市販薬もお医者さんに処方される薬も「痛みを抑える、予防する」ことに主眼が置かれていて、「その痛みの元を断つ」ことは考えられていないことです。つまり、薬はあくまでも対症療法であり、根本治療とはなりえないのです。