「頭痛ゾーン」と「頭痛誘発筋」

「頭痛ゾーン」とは、聞き慣れない言葉だと思いますが、これは私の造語です。私は長年たくさんの頭痛持ちの患者さんを治療してきて、頭痛が発生する部位は、①頭頂部ゾーン、②側頭部ゾーン、③額や顔面ゾーン、④後頭部ゾーンの大きく4つに分けられることに気づきました。

さらに、すでに第1章で頭痛は筋肉の放散痛だと述べましたが、頭痛が起きるときには「頭痛誘発筋」がかかわっていると考えています。これも私の造語の一つですが、放散痛を引き起こしている筋肉のことです。

「頭痛誘発筋」は20種類以上あります。なかでも、これまでの治療の成果から、基本的に痛みを引き起こすメインの筋肉として、僧帽筋、脊柱起立筋群、多裂筋と回旋筋、臀筋、大胸筋、胸鎖乳突筋、斜角筋、肩甲挙筋の8つがあることがわかりました(頭痛誘発筋とおもな筋肉については、49ページ参照)。さらに、この8つは、すべての頭痛ゾーンにかかわっていることも突き止めました。

前ページの図は、臨床例から分類した頭痛ゾーンとおもな頭痛誘発筋です。

8つの頭痛誘発筋のほかに、①頭頂部ゾーンは、前頭筋、咬筋群、表情筋群、後頭下筋群(外側)、②側頭部ゾーンは、側頭筋、咬筋群、後頭下筋群(内・外側)、耳介筋、③額や顔面ゾーンは、表情筋群、広頸筋、頭・頸板状筋、④後頭部ゾーンは、後頭筋、後頭下筋群のすべて、頭・頸板状筋が、頭痛を引き起こしている犯人と考えられます。

頭痛誘発筋は単独で痛みを引き起こすこともありますが、ほとんどのケースでは複数の筋肉がかかわっています。また、1つの筋肉が複数の頭痛ゾーンにまたがって痛みを引き起こしていることもあります。

こんな症状の人は「頭痛ゾーン」で治る

頭痛に悩んでいる人は、次にあげる項目にマークを入れてみてください。

 

□頭を締めつけられているような重苦しい痛みがある。

□肩こりが強くなると、目の奥や顔の表面に痛みが発生する。

□後頭部全体が重苦しい。

□頭頂部が痛い。

□側頭部やこめかみの周辺が痛い。

□月経前と月経中に頭痛がひどくなる。

□アルコールを飲むと頭痛がする。

□同じ姿勢を長時間続けていると頭痛が起こる。

□にぎやかな場所で大声を出したあとに頭痛がする。

□音や光の強い場所にいたあとに頭痛が起こる。

□飛行機に乗ったときや、その前後に激しい頭痛に襲われる。

□頭痛薬を毎日もち歩いている。

 

1つでもマークがついた人は、頭痛ゾーンによる治療がおすすめです。

頭痛ゾーンでは、どこの筋肉が今起きている頭痛の原因となっているかがわかります。その筋肉に対して効果的な「頭痛解消ストレッチ」を行ったり、生活習慣を見直すことによって、症状は確実に改善されます。